おすすめ本

おすすめの本 エッセンシャル思考

おすすめ本

今回、紹介する本は、エッセンシャル思考という本です。余計な判断・モノをなくして本当に必要なことだけに集中していこう。本書ではそのような内容が書かれており、私が特に共感したのは「断る勇気」です。すべてを引き受けることが自分の能力であり、価値であるという考え方からなんでも仕事を引き受けていた時期もありましたが、「最小の時間で最大の成果」を生むことの認識が欠けていたように思います。短い人生で本当に自分にとって重要なことだけに時間を使えるようにエッセンシャル思考を手に入れてより良い人生をつかみましょう!それでは、紹介していきます。

より少なく、しかしより良く トレードオフを意識する

エッセンシャル人は、適当に全部をやろうと考えず、トレードオフを意識して何かを得るために何かを捨てるという考えを持つことが大切だと書いてあります。

非エッセンシャル思考エッセンシャル思考
考え方みんな・すべてより少なく、しかしより良く
行 動やることをでたらめに増やすやることを計画的に減らす
結 果無力感充実感

仕事で優先順位をつけなければ他人の言いなりになってしうまうという筆者の考え方から、確かに私自身、能力が高いわけでもないのに上司の期待に応えたいとか、プライベートよりも仕事を優先したりしたことを思い出しました。この情報社会において、優先順位をつけなければ本当に大切なことに全力を注げませんし、時間も足りません。

エッセンシャル思考とは

99%の無駄を捨て1%に集中する方法!と本書の帯に中々強烈な内容が書かれていますがそもそもエッセンシャル思考とはなんなのか。その基礎となる考え方が3つあります。それは、

1選択

2ノイズ

3トレードオフ

の3つです。

選択とは、自分で時間とエネルギーを何に使うかうを選択する自由があります。ノイズとは、世の中の大半の物は重要ではなく、本当に必要なものを見定めなければならないということです。トレードオフとは、何もかもやることは不可能であり、すべてをやるのではなく「何かを捨てること」です。つまりエッセンシャル思考とはまさに本書の帯に書かれている99%の無駄を捨てて1%の重要なことに集中しようという考え方と言えます。

エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考の考え方

非エッセンシャル思考エッセンシャル思考
やらなくてはこれをやろう
選ぶ余地がない自分で選びとる
大多数のものごとが重要と考える大多数のものごとが不要だと考える
どの選択肢も重要に扱う決定的に重要なことだけをとる
どうすれば全部できるか?何をとり何を捨てるか
忙しくて何も考える余裕がない考えるための時間を作り出す
声の大きい意見に反応するノイズの中のシグナルを探す
話のすべてを聴こうとする語られないことに耳を傾ける
眠るのは根性なしだ優秀な人は良く眠る
眠ると怠け者になる眠ると創造的になる
睡眠のせいで仕事量が減る睡眠は仕事の効率を高めてくれる

本書の中にはこれ以外にも多くの相違が記載されています。

捨てるために本質目標を決める

捨てるために大切なことの中に本質目標の設定があります。これは、

具体的で魅力的な目標・意味があり心に残る目標・ひとつの決断でその後の決断を不要にする目標

ということであり、本質目標が決まっていれば不要な物が見えてきて捨てること、断ることができるようになります。さらに目標へのルートややるべきことが明確になり結果、時間を最適化できます。

過去や未来にとらわれるな

非エッセンシャル思考の人は、過去と未来に振り回されて、未来への不安や過去への失敗に思い悩みますがエッセンシャル思考の人は、現在に集中し、目の前の問題を考え、今を楽しんでいるという違いがあります。本当に必要なこと1つに集中し未来でも過去でもない今できることをやる。これは、中々できることではありませんが「嫌われる勇気」の「課題の分離」に似たような思考法と言えるでしょう。課題の分離とは、自分でできる課題にのみ全力で取り組み自分でどうにもできない他人の課題には踏み込むなという思考です。

まとめ

情報過多な現代において、取捨選択は重要さを増してきています。その最たるものが「ミニマリスト」という考え方ではないでしょうか?必要最小限で生きることが楽であり、充実しているのだということに気づきはじめた人が多いのだと思います。私自身もミニマルに生活することを心がけ始めた一人ですが今後も不要な物を捨てて重要なことだけに注力していきたいと思いました。皆さんもぜひこのエッセンシャル思考を読んでみてはいかがでしょうか??

それではまた!

コメント