おすすめ本

おすすめ本 FACT FULNESS

おすすめ本

FACT FULNESS

この本読んだことありますか?

FACT FULNESSは、

ハンス・ロスリング(著), オーラ・ロスリング(著), アンナ・ロスリング・リンランド (著), 上杉周作 関美和(翻訳)

出版月 2019年1月15日

出版社 日経BP社

定価 1,800円+税

ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。
世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。

ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!
「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」―ビル・ゲイツ
「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」―バラク・オバマ元アメリカ大統領
特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。

◆教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介

本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。
これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。
また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。

Amazon.co.jp

こんな人におすすめ

この本はこんな人におすすめ

〇マスメディアや日々の報道に疑問を持っている

〇世界は悪い方へ向かっているのでどうにかしないといけない

〇今後、経済はどうなっていくのか気になる

〇正しい情報を取捨選択したい

本書の内容

皆さんは、今世界が良くなっていると思いますか?それとも悪い方へと向かっていると思いますか?

では、ここでこの本の中にある質問をいくつかします。

〇 過去20年で極度の貧困にある人の割合は

1、2倍になった 2,変わらない 3,半分になった

〇 世界の1歳児の中で、なんらかの病気に対して予防接種を受けている子どもはどのくらいいる?

1,20%  2,50%  3,80%

〇 いくらかでも電気が使える人は、世界にはどのくらいいるでしょう?

 1,20%  2,50%  3,80%

   

     

    

    

この3つの質問の答えは、全て「3」が答えです。どうですか?正解しましたか?

これ以外にも、もっと面白い問題があるのでよかったらこちらで挑戦してみてください。

皆さん正解が意外だったと思いましたか??それとも当然でしたか??実は、この本の中で書かれている質問は、正解率がすごく低くて、頭がいい人ほど間違えが多かったといいます。世界はどんどん悪くなっていると思っている人がたくさんいるということなんです。

皆さんも自覚ありませんか??毎日、暗いニュースや世界で起きてる戦争や貧困の映像、コロナウィルスによる死者数の報道。これじゃ世界は破滅に向かっているに違いない。そう思ってしまうのは仕方ないことなんです。人間はそういう風に考えてしまう本能を兼ね備えているからなんです。

例えば、本書では分断本能と名付けられた本能は、答えは白か黒しかないという思い込みがあります。金持ちか貧乏か、正義か悪かなど人間は無意識のうちに二者択一の答えを出してしまっているのです。しかし世の中は、「中間」、「グレーゾーン」、「平均」やその前後のことがらがたくさんあるのです。

人は本能で自分を守ろうとしてしまうからこそ、自分に都合のいいように解釈してしまったりしているので、多角的に物事を見ることが大切だと書かれています。

さらに本書の内容で自分として、一番重要だと感じたのが、

〇 正しい数値を見て自分で判断する

〇 常に新しい情報を入手して、アップデートしていく

ことです。

私の職場にいる50代の人たちの話を聞いてると、「昔は、こうだった」とか「俺の時はこうだった」とか、永遠にアップデートされない古い情報のまま話をしていることがよくあります。その姿を見るたびに「事実を知る」ことの重要性に気づきました。どんどん自分をアップデートしなければ、自分自身の価値がなくなってしまうんですね。

この他に本書では間違った事実の認識をしてしまう本能として

①分断本能→大勢がどこにいるのかを確認しよう
②ネガティブ本能→悪いニュースの方が広まりやすいと知ろう
③直線本能→直線もいつか曲がると知ろう
④恐怖本能→リスクを計算しよう
⑤過大視本能→数字を比較しよう
⑥パターン化本能→分類を疑おう
⑦宿命本能→ゆっくりとでも変化していることを心に留めよう
⑧単純化本能→ひとつの知識がすべてに応用できないことを覚えておこう
⑨犯人探し本能→誰かを責めても、問題は解決しないことを覚えよう
⑩焦り本能→小さな一歩を重ねよう

以上の10個があげられています。

まとめ

ファクトフルネスの考えは、仕事や情報の分析をする上で非常に役に立つ知識が書かれています。また、投資を行っていくうえでも、「世界がよくなっている」と考えるからこそ全世界株や米国株に投資をしていく根拠になると思います。その根拠がこの本では書かれており「人類の本当の状況」を確認できると思います。

現在、新型コロナウィルスで多くのニュースが飛び交っていますが本当に重要な情報はなんなのか、真実はなんなのかを確認できるようになるためにもぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか??

それではまた!!

コメント