おすすめ本

おすすめ本 DIE WITH ZERO

おすすめ本

最近、本を読んでいませんでしたので久しぶりに本が読みたくなりました!

そんな中で本屋さんやYouTubeなどでたまに目にするようになったこのタイトル

DIE WITH ZERO ゼロで死ね

という本を読むことにしたのですが・・・

この本は私にとっては非常に影響力を与えてくれる内容でしたので紹介したいと思います!

それでは、よろしくお願いします!

DIE WITH ZERO ゼロで死ね


登録情報

 出版社 : ダイヤモンド社 (2020/9/30) 

 発売日 : 2020/9/30

 価格:1870円

 単行本 : 280ページ

経済学者、起業家、ニューヨークタイムズ紙など、絶賛の声多数!

なぜ、この本は読むべき価値があるのか? この不確かな時代に、誰も気にしている2つの極めて重要な問題の核心に触れているからだ。それは、「何のために貯金するのか」そして「どのように生きるのか」だ。 ――ニューヨーク・タイムズ紙

本書は、お金を“ 最も価値あるもの”と交換する方法を教えてくれる。 それは「経験」という名の、人生に喜びをもたらす究極の宝物のことだ。 ――ボストン大学経済学部教授ローレンス・コトリコフ

著名な起業家、書評家、投資家、マネー系YouTuberなど、多方面から「滅多にない超良書」「これぞ理想の生き方」と絶賛の声が相次いでいます。

Amazonから引用https://www.amazon.co.jp/DIE-ZERO-%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%8C%E8%B1%8A%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B9/dp/4478109680

本書で伝えたいこととは

この本のテーマは、

ただ生きるだけではなく、十分に生きる。経済的に豊かになるだけではなく、人生を豊かにするための方法を考える。

ということです。

私たちは、日々の生活の中で将来に向けて資産を蓄えて無駄な出費を抑えて我慢しながら生活をしてはいないだろうか?

本当にやりたいことを後回しにすることは正しいのか?

今しかできないことにお金を使うことが重要なのではないか?

そのためになにが大切なのか?

これらの疑問に対して、本書ではインパクトのある言葉で書かれています。

タイトルのとおり資産ゼロで死ぬことを目指すべきだ、そしてその方法や重要なことは9個のルールだとしています。

重要な9個のルール

人生を豊かにするためにどうするべきか?

そこには9個のルールがあると筆者は言っています。

それが

ルール1:「今しかできないこと」に投資する

ルール2:一刻も早く経験に金を使う

ルール3:ゼロで死ぬ

ルール4:人生最後の日を意識する

ルール5:子どもには死ぬ「前」に与える

ルール6:年齢に合わせて「金、健康、時間」を最適化する

ルール7:やりたいことの「賞味期限」を意識する

ルール8:45~60歳に資産を切り崩し始める

ルール9:大胆にリスクを取る

心に残ることば3選

9個のルールを細かく説明している本書の内容の中には、非常に感銘を受ける言葉が多くありましたがその中で私が記憶に残ったもの3選紹介したいと思います。

これ以外にも本当にたくさん大切なことが書かれていましたが厳選して選んでみました。

〇今しかできないことに惜しみなく金を使え

この言葉はかなり早い段階で登場します。

時間は有限であり、年齢を重ねるごとにできることややりたいことは減っていく。

健康であるかどうかもわからない。

それならば今しかできない経験に惜しみなく金を使うことが大切だと言うのです。

〇大切なのは、自分が何をすれば幸せになるかを知り、その経験に惜しまず金を使うこと

これもほぼ冒頭に出てくる言葉です。

人生は経験の合計」という言葉と共にいかに経験が人生において重要であるのか

また、自分は今の年齢や若さでしかできないことを犠牲にしてまで何をしたいのか・・・考えさせられる一文です。

〇人生で一番大切な仕事は「思い出づくり」

人間が一番、大切なことはお金や物ではなく、思い出や経験なのだ筆者は言っています。

死ぬ間際に思い出すのは、幸福な思い出なのだと。

金や物質の奴隷になるなとも書かれています。

この他にも、経験のために健康であることの重要性や資産の切り崩していく考え方やタイミングなどわかりやすく本書には書かれています。

読んでからどう行動するか

実際にこの本を読んで自分の生活や行動にどう取り入れるのか

実際に行動に移さなければ意味がありませんので私がこれから実践していきたいことをリストにしてみました。

〇健康のために定期的なメンテナンスをする

〇資金を切り崩す時期を決める

〇やりたいことリストを作成する(タイムバケットの作成)

〇普段の無駄遣いをやめて経験にお金を使う

〇家族・仲間との時間を大切にする

です。

小さなことですが行動することがまずは第一歩。

まとめ

DIE WITH ZEROは今年に入り読んだ本の中で一番、ガツンと衝撃を与えてくれました。

現在のコロナ禍で思うようにできないことが多くありますがそんな時だからこそ、自分がやりたいことや経験したいことを明確にしておくことで今後の人生を充実させるための準備をする時なのではないかと思いました。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた!

コメント