投資

インデックス投資強化期間

投資

久しぶりに投資系のブログを投稿したいと思います!

私は現在、35歳、独身、神奈川県在住投資ミニマルな生活FIREを目指しております。

現在の現金保有比率と投資比率や今年の短期的な目標についてご紹介したいと思います。

その上で今回、現金比率を引き下げるためにインデックス投資強化期間に取り組んでいますのでお話ししたいと思います!

現在の現金と有価証券比率

この記事を書いている2021年3月現在の

現金比率は、64.99%

株や投資信託などの現金比率は、35.01%

となっております。

仮に1000万円の資産であれば650万円が現金で350万が投資資産といった感じです。

よく言われる投資と現金の比率は、100ー年齢=投資比率といわれています。

そこから考えると私の投資比率は65%ですので現金と投資の比率が逆転しています。

また、私のリスク許容度は、

35歳、独身(彼女なし)、定職、借金なし

なので高いリスク許容度があります。

ということで今年と来年で現金保有率を45%くらいまで引き下げたいと考えました。

しかし現在、株価は右肩上がりで中々、個別株や高配当ETFには手が出せません・・・。

今年の投資目標の調整

そこで上記の現金比率を今年中に50%以下に引き下げるために私は、

インデックス投資強化期間

を2月から実施しています。

と言ってもやり方は単純で、つみたてNISAとiDeCo以外の特定口座でインデックス投資商品を貯金額以上に毎月、購入していくという方法です。

通常の2倍から3倍の金額を定期購入していき、マネーフォワードMEで現金と投資の保有率を調整していくようにしています。

emaxis slim オールカントリーを強化購入!

そして、その強化期間の投資商品として私が選んだのは、

emaxis slim オールカントリー

です。

安定の全世界株式に投資することにしました。

この強化期間のメリットは、

〇早い段階で積立することでより多くの資産を長期運用できる(年率5%なら14.4年で資産が倍になる算段)

〇インデックス投資なので時機を気にせず積立購入可能

〇目標額まで達したら放置することもできる

デメリットは、

〇一度に高額の購入となるので含み損が出るとメンタル的に疲弊する

〇生活に必要な資金の確保が必須になる(生活防衛資金の確保)

です。

高配当株もチャンスがあれば購入

今後、暴落相場が訪れた時にはあらかじめ狙っている高配当株も購入したいと考えています。

昨年のコロナによる暴落相場を考えれば現在はバブル相場なのかもしれません。

インデックス投資で積立を継続しつつ暴落に備えて現金もある程度保有しておくことが買い場を見逃さない方法なのではないかと思っています。

マネーフォワードMEを活用

目指せFIRE

私は、昨年まで家計簿をつけたことがありませんでした。

別につけなくても貯金できてるし!

と言った無計画でガサツな性格からめんどくさいが先行していました。

しかし、職場でマネーフォワードMEを利用している人がススメてくれたので試しに使ってみることにしました。

すると・・・

家計簿めちゃ楽しい!

とハマっていきました。

支出と収入と資産の比率を見える化することでより計画的に資産を拡大していくことができるようになりました。

体重を継続的に計測してメモすると痩せると言った方法と同じような要領ではないでしょうか?

マネーフォワードMEを活用したことで今回この比率調整も考えるにいたりました。

ちなみに私は無料版のみを利用しています。

クレジットカードを頻繁に利用する人なら仕訳もそこまで必要ないですしキャッシュレス化を促進してくれます。

まだ使ったことがないという人は試しに使ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上のようにインデックス投資強化期間についてご紹介しました!

相場が高いと感じる局面で投資を継続したい、何か購入したいという欲を抑えるためにもインデックス投資の購入額を増やしました。

この結果がどうなるのかわかりませんが自分で決めたやり方で試行錯誤しながら投資を行っていくのも非常に面白みがあると感じました。

ゲームのRPGで攻撃力、防御力、体力を強化しているような気分です(笑)

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた!

コメント