投資

投資への第一歩・NISA制度とは

投資

投資を始めてみたいと思いながらも中々、一歩を踏み出せない人のためにNISA制度について解説したいと思います。

NISA制度とは

そもそもNISAってどういう意味なのか・・・

イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。 NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

金融庁のホームページより

つまり国が投資をして資産運用する人のために用意した非課税制度で通常であれば分配金や配当金、売却した時に発生する利益に際して20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)という高額の税金がかかるのですがこれが非課税となります。この非課税枠で資産運用して資産を拡大してくださいねという制度です。後述する積立NISA制度は、老後2000万円問題で浮上した老後資金の構築のために活用してくださいというものです。

これは国が老後資金を自助努力によって築き上げて行ってくださいねという意味とも読み取れますので国は老後の面倒は見切れませんと言い換えられるかもしれません。なので老後のためにも資産の拡大のためにも是非、NISAについて理解して資産運用を始めてみることをおすすめします。

NISAの種類

一般NISA

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座
非課税投資枠新規投資額で毎年120万円が上限(非課税投資枠は最大600万円)
非課税期間最長5年間
投資可能期間2014年~2023年
金融庁ホームページから引用

一般NISAは、120万円を5年間600万円を非課税で運用できます。ロールオーバーという制度を使えば最長10年間、非課税期間を使用できます。120万円と高額な運用額であることから個別の株式やETFなどの購入もある程度可能ですから比較的、商品選択の自由度が高い資産運用ができます。また1度、使用したNISA枠は1度限りで購入した商品を売却したからと言って復活するわけではありません。

積立てNISA

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座
非課税投資枠新規投資額で毎年40万円が上限(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間最長20年間
投資可能期間2014年~2037年(2024年から期間が延長される予定)
金融庁ホームページから引用

一般NISAと比較して長期間に渡り非課税運用が可能であり、年間40万円と少額ながら20年間で800万円の資産運用ができます。こちらも非課税枠は一度、使用すると復活しませんのでひたすら積立てし続けていくというスタイルになるかと思います。ちなみに年間40万円を年利5%の商品で運用した場合の20年後の資産額をシミュレーションすると

楽天かんたんシミュレーションより

800万円が13.700.985円となり、運用益が5,701,065円となります。中々シミュレーション通りにはいかないかもしれませんが銀行に預けておくよりも資産が増える可能性があることは確実です。もちろん投資は元本保証があるものではないので資産が減少してしまう可能性も考えられます。また、購入できる商品は厳選された投資信託になりますので運用コストが抑えられたものが多く揃えられておりますのでリスクも抑えられたものとなっています。

結局、どちらがいいのか

img_49bfa47f4dc4c06e052bf63a78876fa117967.jpg (430×394)
ダイヤモンドzaiから引用

それぞれの特徴を踏まえると

・一般NISAは、個別株やETFを購入したい人や株主優待などを欲しい人などに向いていると言えます。

・積立てNISAは、長期資産運用ができ老後に向けての資産構築に向いており時間が味方となって資産拡大に期待が持てます。

まとめ

NISAのデメリットは損益通算ができないなどいろいろな条件がまだ他にもあるのですがまずは、制度の大まかな概要を理解して、投資への意欲を持ってもらいたいと思い、簡単ではありますがNISAについて書いてみました。次回は個人型確定拠出年金(iDeco)について解説していきたいと思います。その後、どのような商品に投資していくのがいいのか紹介していきたいと思います。

それではまた!

コメント