旅行

海外一人旅の記憶~タイ前編~

旅行

私は、3年程前に海外に一人旅に行きました。当時の私は何か変わったことがしたいと言う思いから何かに挑戦してみようとずっと考えていました。そして、今まで団体や友人とでしか行ったことがなかった海外に一人で行ってみようと海外一人旅に行くことにしました。今回はその時の旅について2回に渡りブログにしたいと思います。

結論

タイで有名な寺院ワット・アルン

結果的に、海外一人旅は非常におすすめです!外国語が話せたり一人でワーホリをしたことのある人からしたら大したことではないかもしれませんが、まだ経験されたことがない人がいたら挑戦してみてほしいと思います。

野良猫おった

-海外一人旅をするメリットー

すべてを自分で決断し解決しなければならないので挑戦する気持ちを思い出せる

日本のありがたみがわかる

失敗が当たり前過ぎて笑い話にできるようになる

自由に行動できる

事前の準備の重要性を知ることができる

2万円を両替したらこの位のお金になります。お金持ちになった気分

なぜタイへ行くことにしたのか

タイの首都バンコク付近で

私は、タイ語は話せませんし英語もまったく話せません。ですが変化のない日々から抜け出したくなり、何かに挑戦してみたいなと考えていました。その時、今までやりたかったけどまだできていなかったことの1つである「海外一人旅」を思い立ちました。知人にそのことを話すと「いいね!一人旅に行くなら東南アジアのベトナムとかタイとかカンボジアとかいいよ」と勧められました。そこで私は以前にも行ったことがあるタイへ行くことに決めました。

タイは、行った時期が6月の雨季で時差は日本より2時間進んでおり、フライト時間が羽田から6時間前後でした。通貨はバーツで1バーツ3.46円程度で3バーツで500mlのペットボトルの水が買えて街中の食堂で食事をするなら60バーツ=200円程度で済みます。大型のショッピングモールや日本で馴染みのあるファストフード店で食事をすると日本と変わらない値段になります。私は2万円を両替して3日間で帰る時に7000円位残ってました。かなりの貧乏旅行でしたが結構、お金を使ったなという印象でした。

タイ公式観光案内サイト↓

タイ観光案内サイト | 【公式】タイ国政府観光庁
タイ国政府観光庁日本事務所が提供するタイ観光案内サイト。タイ国の基本情報や旅行の基礎知識の案内をはじめ、観光施設、宿泊施設、グルメ、イベント、買い物施設検索などもできます。

一人旅はトラブルが当たり前

川を往来する船の上から

一人旅はとにかく、すべてを自分で行わなければなりません。飛行機の手配、宿泊場所、電車や船などの移動、両替、食事。初めて乗る電車は乗り方もわからない。ホテルまでもネットが使えないかもしれないからよく確認しなければならない。英語も通じない。

しかし、逆に言えばすべて自分で自由に決定することができるのです。

今日はここへ行こう、何食べよう、疲れたから帰ろう

ツアーのように時間に縛られることもありません。参加したければすればいい、観光がめんどくさくなったらホテルで寝ていればいい。食事も食べたいものを食べればいい。他人を気にせず行動することができるのが一番の魅力です。

個人的に一番好きなタイ料理はパッタイ(ミシュラン1星のお店)

しかし!海外一人旅はトラブルが当たり前です!私もたくさんのトラブルに見舞われました。

〇飛行機の時間を間違えて乗り遅れた(これは本当に焦りました…チケットを買いなおして事なきを得ました)

〇船に乗ってでかけたけど元の場所に戻れなくなった(何回も船に乗ったり降りたりしてようやく戻れました)

〇言葉が通じないからタクシーに乗せてもらえなかった(タクシーはぼったくられるらしい)

〇泊まった場所がニッチ過ぎてやばかった(廃線になった線路を使ってホテルまで向かった)

数々のトラブルを乗り越え日本へ帰国したときは、「俺、成長したんじゃね?」と勘違いできるほど良い経験ができました。

ホテルまでの道のり。線路脇に住んでる人達。タイの裏側

まとめ

コロナ禍で中々、旅行へ行ける時ではありませんので昔の旅行の記憶をブログにしてみました。ブログを書いていると海外旅行にまた行きたくなりました。次回はタイでの思い出深いエピソードについて書きたいと思います。ここまでお付き合いいただきありがとうございます!

それではまた!

コメント