ミニマルな生活

30代後半戦で起きた人生の変化

ミニマルな生活

私は、今年で36歳となり既に30代後半戦に突入しております。

今まで平凡な人生を送ってきた私が35歳で

FIRE(経済的自由と早期退職)を目指す、ミニマリストになる、ブログを始める

など面白い生き方を始めて色々と人生が変わったことについてお伝えしたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

人生の変化5つ

言葉が変わった

それまでは、ネットは検索したり見るだけのものでした。

しかし、現在はSNSオンラインサロン、ブログなどで発信していくうちに発信力が身に付きました。

そして、このことはネットだけでなくリアルな生活でも変化をもたらし

〇語彙力の向上

〇わかりやすい説明

〇伝える力の向上

〇文章力の向上

につながりました。

やりたくないことがわかった

私は、ミニマリストになり余計なモノを処分することによって本当に必要なものや本当にやりたいことがわかるようになりました。

逆に自分がやりたくないこともわかりました。

やりたくないことを無理してやらないことが私にとって重要なことなのだと気づきました。

例えば、私がやりたくないことは、

〇無理して起きている

〇嫌いな人と付き合う

〇混雑しているところに行く

〇職場の飲み会に参加する

でした。

やりたくないことをやらないって結構、大切なことですよね。

日本人はどうしても努力をして苦手を克服することが美徳とするところがありますが、嫌なことを無理してやる必要ってまったくないなと思います。

迷惑が掛からなければ別に嫌なことをするメリットがあまりないと感じますし、この考え方を他人にもあてはめるとあまり他人に対してストレスを感じることも減っていきます。

時間とお金に余裕ができはじめた

やりたくないことがわかり、やらなくなると無駄な時間が減り、余裕が生まれるようになりました。

また、節約するために余計な出費を削減したことによりお金にも余裕ができるようになりました。

こうなるともう特に不満はなくなります。

生きているだけで楽しい毎日です。

あとは自由に旅行に行ける世界になることを願うばかりです。

ネットを通じて様々な出会いがある

SNSを通じて、同じ目標に向かう仲間や同じオンラインサロンの人たちとのオフ会などで

普段の生活では絶対に関わることがない人と関われる

ようになりました。

これは非常に大きな財産であり私の人生で大きな変化をもたらせてくれていると思います。

近すぎず遠すぎず、程よい距離感でいられるからこそ良い影響を与え合えるという不思議な環境に居心地の良さを感じています。

ネットは誹謗中傷に溢れているという不安がなくなりました。

もし、まだネットに抵抗がある人は是非、SNSで良い仲間を作ることを始めてみて欲しいと思います。

FIREという目標ができた

FIREをするぞ!という人生を賭けた目標ができたことが何より一番の変化だと思います。

漠然と生きてきた私にとって、FIREを目指すという壮大な目標ができたことは非常に大きな変化でした。

投資をすることの楽しさやブログを副業として始めるきっかけになったのもFIREを目指すという目標のお陰でした。

FIREのメリット
  • FIREを目指すだけで豊かになれる
  • FIREは目指しても損がない
  • 自由が近くなる

残りの30代をどう生きるのか

残りの30代を私は、今まで以上に

経験と挑戦

に力を入れて生きていきたいと思います。

これはDIE WITH ZEROという本で書かれていたことですが

人生は思い出作り

とうい一文がありました。

人生の充実度は思い出なのだと筆者は言うのです。

それならば成功も失敗もすべてが経験であり、思い出なのだからとにかく行動しようと思いました。

やってみたいこと
  • ニューヨークのタイムズスクエアで記念撮影
  • オーロラを見る
  • ファーストクラスで旅行
  • 1万円以上するご飯を食べる
  • 両親を旅行に連れていく

人は1年で変われる

1年前の今頃、私自身がFIREやミニマリストについてブログを書いているなど想像もしていませんでした。

去年の1年間だけでも多くの変化がありました。

人は1年で変われる

と身をもって実感することもできました。

私にできたのですから1年もせずにもっと変化できる人はたくさんいると思います。

まずは、小さな1歩を踏み出すことが大切なのだと月並みながら感じました。

挑戦してダメなら別の事に挑戦すればいいだけのことなんだと軽い気持ちで何事も意欲的に取り組むことが大切なのではないかと思います。

まとめ

30代ってすごく充実しているなと感じながら生活することができ、とてもありがたいことだと思います。

それでも時には、嫌なことや悲しいこと、むかつくこともありますが

時に下落しつつも着実に右肩上がりしていくS&P500のような人生

を歩んでいきたいとブログを書きながら思うのでした。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた!

コメント