やらないことリストを作ろう

ミニマリスト
記事内に広告が含まれています。

ご訪問いただきありがとうございます。

人生において、時間を「どのように使うのか何に使うのか」が重要だと私は考えています。

しかし、多くの人はここで「To Doリスト」を作成してやることを明確にすると思います。

私のようなミニマリストは、やることよりもやらないことを考える引き算の思考法なので、やらないことリスト=Not To Doリストを作成しています。

今回は、やらないことリストを作成するメリットなどについて、お話しし私のやらないことリストをご紹介したいと思います。

この記事を書いた人
gantaro1985

はじめまして!ミニマリストがん太郎です。
・新卒で勤めた警察官を2023年に退職
・節約家×本業共働き×投資で貯めた資産7,000万円
・私(もうすぐ40代)と妻とのセミリタイア生活を発信
・資産を貯めた方法やミニマリスト生活など発信
𝕏(旧Twitter)も運用していますのでフォローもよろしくお願いします!

gantaro1985をフォローする
check
このブログでわかること
  • やらないことリストについて
  • やらないことリストのメリット
  • やらないことリストの具体例
  • やらないことリストにおすすめの本

やらないことリストを作ろう

がん太郎
がん太郎

人生でやりたいことをやるには、やらないことを明確にしておくと時間を無駄にしないで済むよ!

がん子
がん子

すべてをやろうとすると時間が足りないけどその中でもやらないことがわかっていると頭の中で考えなくていいから楽だよね!

やることリストは、皆さんご存じだと思います。

仕事の業務や忘れないことをリスト化して、効率的にタスクをこなすためにやっていることだと思います。この反対にやらないことリストとは、

限られた時間を無駄にしないために人生のやらないことを予め明確にしておく

というものです。

ミニマリストは、基本的にめんどくさがりで余計なことをしたくないという考え方の人が多い思いますので(勝手な偏見です)やることを決めるよりもやらないことを決めておく方が楽なのです。

そして、やらないことを決めておけばやりたいことを見つけることができたり、やりたいことに集中することができるようになります。

やらないことリストを作るメリット5選

やらないことリストを作るメリット5選
  • 自分の時間が増える
  • 断捨離が進む
  • 節約につながる
  • ストレスが減る
  • やりたいことが見つかる

やらないことリストは、スマホのメモアプリやブログなどで見れるようにしておくとたまに見返すことができるので箇条書きにして書き出してみましょう。それではメリットについて、詳しく見ていきましょう!

自分の時間が増える

やらないことリストを作ると自分の時間が増えます。やらないことを決めておけば、日々の追われる毎日に少しゆとりが生まれます。

このゆとりが自分にとって非常に大事なことなのだとわかります。部屋の余白と同じで人生の余白があることの必要性を感じます。

例えば一日30分時間が自由になったとします。1週間で210分=3時間30分。1か月で900分=15時間。1年間で10,950分=182時間30分=約7.5日を節約することができます。

これを命の時間と考えるとその価値はとても大きいと感じるはずです。

断捨離につながる

がん子
がん子

不要になったものは、メルカリやセカンドストリートなどのリサイクルショップで売るとさらにお得になるから是非、不用品を売ることにもチャレンジしてみよう!

やらないことを明確にしておくと不必要なものが見えてきます。例えば、私は年賀状を書くのを辞めました。年賀状を辞めることで年賀状を保管することも辞め、断捨離することにしました。

本当に大事な年賀状は、スマホのカメラで撮影して保存しておけばいつでも見返すことができます。他にも独身の時の私は、料理をしないと決めていました。

料理を作って食べて片づける時間よりも少しでも自由時間が欲しいと考えたからです。そのため、自宅の電子レンジ、調味料、調理器具など一切を断捨離します。

このようにやらないと決めると使わなくなるものを断捨離することができます。ちなみに結婚した現在は、さすがに調理器具などは自宅にあります(笑)

節約につながる

やらないことリストがあると時間とお金を節約することができます。行きたくない職場の上司との飲み会には行かないということをリストに記載していました。

行きたくない飲み会で5,000円を使うことがなくなり、お金を節約することができます。他にも年賀状を書かないことで年賀状代を払わないで済みます。

やらないことリストは断捨離に通じるため、結果的に節約にもつながりました。

ストレスが減る

がん太郎
がん太郎

気を遣う飲み会にお金を払って参加するメリットってなにもなかったんだなってもっと早く気がついていたらなぁ・・・。

やりたくないことをしないことによるストレス軽減自分の時間(自由な時間)が増えることによるストレスの軽減の二つの側面があります。

また、飲み会や会いたくない人間と接する時間を減らすことによる対人関係のストレスも減らすことができます。

自分の時間を大切にすることは自由な時間を増やすことです。ストレスで毎日辛い日々を過ごしている人にこそやらないことリストを作成してほしいと思います。

また、脳のリソースを空けておくことができるようにもなり、本当にやらないことをリスト化することで多くのメリットが得られることを実感しています。

やりたいことが見つかる

がん子
がん子

時間ができて、私は旅行にいきたいって思うようになったよ

行ったことがない場所で美味しいものを食べたい!

やらないことが明確になると時間に余裕が生まれ、自分が何をしたいのかが明確になったりやりたいことを見つけようとします。

ここからが本当のやらないことリストを作成した意味になります。やらないことを明らかにしてやりたいことを見つけるということが本当の目的になります。

やりたいことが既にある方はやりたいことへ集中できるようになります。

私がやりたいことは、旅行をすることと美味しいものを食べることであり、そのための収入があればいいという結論に至りました。

セミリタイアした今は、どこ行こうか何を食べようかと妻と考える日々が楽しく充実しています。

私のやらないことリスト

それでは、ここからは、私のやらないことリストをご紹介したいと思います。参考にしてしてください。無駄な時間やお金を使わないためにもやらないことリストをぜひ作成して自分の人生と時間を取り戻してほしいと思います。

私のやらないことリスト10個
  • 年賀状を書くこと
  • 会いたくない人と無理して付き合うこと
  • 保険に入ること
  • 家を買うこと
  • 結婚式をすること・参加すること
  • テレビを見ること・買うこと
  • 新聞を読むこと・新聞を取ること
  • 満員電車に乗ること
  • 眠い時に我慢すること
  • 自分の心に嘘をつくこと

やらないことリストに役立つ本3選

エッセンシャル思考

すぐやる人の「やらないことリスト」

やらないことリストのつくり方

おわりに

自分がやらないことを明らかにしておくことは、限られた人生の中で時間を有効に使うために非常に重要です。いつもは、意識しないことですが、「人生は一度きり」なのです。

自分が何を大切にして何を重視して生きるのかと同じくらい自分が何をやらないかは大切です。自分の大切なことを発見するためにも皆さんぜひやらないことリストを作成してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

人生は一度きり!右肩上がりでいきましょう!

コメント